スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)+ Edit +

お似合い 

sswri
http://www.kotaete-net.net/Default.aspx?pgid=14&qid=120553578061

環境依存文字への対応
環境依存文字は使用しなければ良い訳ですが、
引用文をペーストすると紛れこむ場合が
有ります。
皆さんは、どのように対応されておりますか。

当方Vista
Office2007 IME



IMEがなんか関係あるんだろか、と思ってたら、同じくらいのトンチン怪答がついてら。

/1 いわゆる ばかわん

たとえば、同じWindows系のPC間であるとか、ごくごく標準的なフォントであるとかなら、さほど気にしなくても大丈夫みたいです。
経験からも、外字とか、絵文字とか、そういう類でなければまず大丈夫かとおもいますが。

紛れ込んだ環境依存文字が相手に届かないかどうか、まずは送ってみればいいかと思います。



たとえばメール。
漏れが仕事で受信するメールは、携帯に転送されたものを見る場合もあるし、ノートパソコンを持ち歩いて出先でwebメールとして見ることもある。まだ経験はないけど、出先のデザイン屋さんのマシンを借りてでもどうしてもみなきゃならない場合はMacで見ることになるかもしれない。
そういう受け手の事情を考えると、
>同じWindows系のPC間であるとか
なんてのはごく限られたシーンだと思うんだけどねぇ。
つか、送り手には相手の閲覧環境なんかわかるわけないやん。
[ 2009/07/23 18:02 ] 答えてねっと | TB(0) | CM(0)+ Edit +

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://naniome2.blog67.fc2.com/tb.php/9933-1ea410f1





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。