スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)+ Edit +

買ってしまいますた 

Majestouch Linear "FKB108ML/NB" 日本語108キーボード・かななし・黒 黒軸モデル



そういうこと言うから貼り付けたる

いや、そうじゃないってば。




かな表記がないのね。だから「Shift+ろ」って言われるとわからなくなったり。

こっちの方ね。




外箱ね。きちんと商品化されてからは印刷された箱になったのよ。
この透明カバーが普段のホコリよけとして重宝しまつ

ま、フツーのキーボードですけど。

黒軸はランプが赤。ちなみに青軸は黄緑で茶軸は青よん。

ね。黒いでしょ。

オマケをくっつけたところ


これで、茶軸と青軸と黒軸がそろいますた(揃えるなっつの)。白軸と赤軸は今のところ必要性を感じてません。

---

確かにキーストロークは重いです。青軸と茶軸を比較してもストロークの重さの差はほとんど感じませんが、それらとは別世界の重さです。重いというより「硬い」って表現した方がいいかな。
ただ、重いとは言ってもMSのエルゴノミクス形状のキーボードと同じくらい。たぶん押し下げることに必要な力については肩が凝ってしまうようなレベルじゃないでしょう。
むしろ押し下げた後の反発力が特筆すべき特徴。「Linear」を謳うだけあって、押し下げた量に見合っただけの反発力が発生しまつ。MSのキーボードの場合、メンブレン方式に使われるゴム製ドームを潰すまではかなりの力が要るけど、ドームが潰れてから底打ちするまでの間は極端に力が抜けます。それがクリック感につながるんだけど、このドームが潰れている間は反発力も抜けてるせいで、次の指に移動するためには指を持ち上げないとならない。
でも黒軸のキーボードだと、入力が終わったらあとは反発力にまかせて指の力を抜くだけ。キーを押し下げた後、次のキー入力のために指を持ち上げる力がほとんどいらなくなる。
ひょっとしたら長時間入力は黒軸の方が疲れなくて済むかもしれんぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=JWS4V99sFYI
http://shop.tsukumo.co.jp/special/060325a/
やっぱwebで氾濫している文字情報だけじゃ、つか画像情報でさえも、打鍵「感」までは伝わってきませんねぇ。
なんで最初っから黒軸にしなかったんだろう。
と後悔することしきり。
[ 2009/07/01 20:43 ] 箸休め | TB(0) | CM(4)+ Edit +

「かななし」が「かおなし」に見えたのって漏れだけっすか?orz
(「かおなし」ってどういうキーボードやねん)
[ 2009/07/01 20:59 ] : MN4TsRAo | [ 編集 ]

BS

いとかなし。
[ 2009/07/01 23:15 ] : hG7ZF4t. | [ 編集 ]

「かおなし」というと

こんなやつ?
http://plusd.itmedia.co.jp/pcupdate/articles/0512/21/news042.html
[ 2009/07/02 09:41 ] : AUPT1y5U | [ 編集 ]

FILCOのかおなし

http://www.diatec.co.jp/shop/det.php?prod_c=611
英語キーボードに限り製品化されてます。
しばらく使用するとキートップがテカりだすホームポジション回りのキーのためだけに2100円はちょっと・・・
[ 2009/07/02 11:33 ] : /BDzPsXw | [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://naniome2.blog67.fc2.com/tb.php/9777-cef47198





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。